青年実業家紹介

梶原吉広以外の青年実業家についても調べてみました。 斉川幸弘は、飲食店コンサルティング事業やWebメディアプロモーション事業などを手掛ける株式会社BENTATSUを設立した実業家です。警視庁に内定を貰っていたが、それを辞退して大学卒業後ニートを経て弁当屋さんのアルバイトを始めたそうです。他のバイト時代でも、働いていると改善点を提案してしまうクセがあったといいます。改善策提案、そして実行できるためどこでも責任者のような立場になっていたそうです。 それから弁当販売ポータルサイトを立ち上げて起業したり、日本フードデリバリーの創業メンバーとして加入したりといった経歴を経て、現在の会社を25歳で起業しました。 今は100億円企業を目指して様々な事業を展開しているとのことです。

私の好きなものについて

働いているとストレスが溜まることも多いですが、そういうときは体を動かすかバイクで気ままにドライブすることが多いですね。 愛車はスズキのアドレスV125です。もう7年くらい乗っています。速いスピードで爽快感を楽しむのも好きですが、どちらかというと田舎道でのんびり風に吹かれながらドライブするのが好きだったりします。 サイクリングも趣味の一つで、疾走感が好きなのかもしれませんね。 いつか行ってみたいと思っているのは言わずと知れた「しまなみ海道」です。瀬戸内の穏やかな海を自転車で渡れるというのがいいですよね。サイクリングでお腹が空いたら、尾道のラーメンとか食べたいですね。行ったことが無い人でも迷わないように、サイクリング推奨ルートのブルーラインが引かれているので安心してサイクリングできそうなのも魅力。 あと体を動かすことと言えば登山。汗を流しながら自然に触れ、山頂で広大な景色を眺める爽快感はたまらないですね。 最近は神奈川にある大山に行ったのですが、天気が良かったので富士山や相模湾を見ることができました。鹿にも遭遇できるらしいのですが、私が行ったときは残念ながら会えませんでしたね。 山頂に売店

Read More

梶原吉広の才能とは

梶原吉広はgloopsの元社長としてよりもグラビアアイドルであった山本梓の結婚相手としての知名度の方が高いかもしれません。経済界では高い知名度を誇っていた梶原吉広ではありますが、芸能界とは無縁。そのため、山本梓の結婚相手としてマスコミに報道されると知名度も大きく高まることとなったのですが、梶原吉広にとっては知名度などあまり関係ないのでしょう。なぜなら梶原吉広にとって大切なのはビジネスなのです。 ビジネスマン梶原吉広はこれまでの多くの成功を手にしているのですが、やはりソーシャルアプリの世界の話は切り離せないでしょう。ソーシャルアプリという世界観を作ったのが梶原吉広だと言っても決して過言ではないのです。まだまだガラケーが主流だった時代にインターネット接続網を上手く活用したアプリ、「渋谷クエスト」をリリース。 これが空前絶後の大ヒットを記録するのです。以降、様々なアプリをリリースするなど、梶原吉広は成功者としてクローズアップされるようになっていったのです。ソーシャルアプリを作ったのは梶原吉広。大げさに聞こえるかもしれませんが、強ち間違いではないのです。ですが梶原吉広は今ではgloopsの社長

Read More

梶原吉広の影響力は今でも強い

梶原吉広というビジネスマンをご存知でしょうか。山本梓さんの旦那としてマスコミに騒がれたので何となく名前を知っているという人もいるかもしれませんが、梶原吉広は実は今現在、我々の生活の中で多くの人が楽しんでいる物を生み出した人間でもあるのです。それはソーシャルアプリです。まだまだソーシャルアプリというものが世の中にない時代、更に言えばスマートフォンではなくガラケーの時代に今のようなソーシャルアプリをリリースしたのです。当時はまだガラケーの時代でしたのでスマートフォン程のスペックがない中で出来ることと出来ないことを吟味したのでしょう。結果、大ヒットを記録。 Gloopsの代表であり、山本梓の旦那としても知られる梶原吉広。山本梓は人気グラビアアイドルとして活躍していましたが、結婚を機に拠点を移し、シンガポールで暮らしているようです。山本梓は芸能活動を無期限で休止し、今は家庭に入ってあたたかい生活を送っているということでしょう。梶原吉広は第一子も生まれ、新天地で子育てに仕事に奔走しているのでしょうか。 梶原吉広はgloopsという会社の社長だったのですが、渋谷クエストの大ヒットによりgloops

Read More

梶原吉広のビジネスマンとしてのセンス

梶原吉広のビジネスマンとしてのセンスは誰もが認める所なのではないでしょうか。梶原吉広はgloopsという会社を立ち上げ、紙媒体にて広告代理業を営業していたのですが、いわばまったくの畑違いでもあるSNSのアプリ事業を展開するようになったのです。そこでヒット作にしてその後のソーシャルアプリの雛型とも言うべき渋谷クエストをリリースすると、梶原吉広も何がヒットするのかが分かったのでしょう。その後は立て続けにヒット作を連発。梶原吉広が作ったgloopsは押すにも押されぬ人気ゲーム配信会社へと成長したのです。人気ゲームダウンロードランキングの上位の大半がgloopsのものというケースとてあった程。 それだけ高い人気を集めていたのは、gloopsの勢いはもちろんですが梶原吉広の経営方針もあったのでしょう。梶原吉広は決してゲームを作るのではなく、あくまでもSNSの延長として、コミュニケーションツールをとの考えがあったのです。まだまだ携帯用ゲーム機や家庭用ゲーム機がオフラインで遊ぶのが主流だった時代です。つまりはソーシャルアプリだけがインターネット接続で楽しめる時代だっただけに、その点の優位性をアピール

Read More

梶原吉広の先見性は高い

梶原吉広は先見性の高いビジネスマン。梶原吉広を知る人物であればこのように評します。元々広告代理業を経営していた梶原吉広が、いわばまったくの畑違いのSNS業界に進出して成功を収めるのです。広告代理業と言ってもITではなく、当時は紙媒体だったのです。そこから屈指のアプリ配信会社へと成長したのは梶原吉広の先見性による部分が大きいでしょう。まだまだSNSがようやく登場した頃合いにSNSとゲームの融合を模索。ゲームだけを楽しむのではなく、SNSの特性でもあるソーシャルな部分に着目し、家庭用ゲーム機や携帯用ゲーム機では出来なかった新しい遊びを創造したのです。 今でこそ家庭用ゲーム機や携帯用ゲーム機もインターネット接続が当たり前ですが、当時はまだまだそれらのゲームはオフラインで遊ぶのが主流でした。そこでガラケーのインターネット接続網に着目し、インターネットに接続しながら友人と一緒にゲームを楽しむ。 いわゆる昨今のソーシャルアプリのひな型を生み出したのが梶原吉広なのです。その点では先見性はあったのでしょう。その一方で梶原吉広はgloopsの創業者ではあるものの、元社長です。今現在の梶原吉広はシンガポー

Read More

梶原吉広の事業展開

gloopsと言えばアプリの配信会社として知られていますが、gloopsはかつては紙媒体の広告代理業を行っていたことはあまり知られていません。実は紙媒体での広告代理業も好調でした。社長であり、創業者の梶原吉広の手腕により、広告代理業でも十分な結果を残していたのですが大きな事業をとのことでSNSの世界に進出したのです。大きなチャレンジだったのでしょう。ですがそこで大ヒットゲーム、「渋谷クエスト」をリリース。これにより梶原吉広に追い風が吹くようになりました。アプリのノウハウ、そして会社としての実績。これらを背景に梶原吉広とgloopsは以降、ソーシャルアプリのヒット作を連発するようになります。 そもそもソーシャルアプリという言葉も梶原吉広の躍進から、どのようなゲームなのかと考えた時に生み出されたものであって、いわばソーシャルアプリという言葉そのものも梶原吉広が生み出したと言っても良いのです。 また、言葉だけではありません。その後のスマートフォンのアプリなど、いわゆる携帯型ゲームのコンセプト、プラットフォーム。それらはいわば梶原吉広によって生み出されたと言っても過言ではないのです。昨今、スマ

Read More