青年実業家紹介

梶原吉広以外の青年実業家についても調べてみました。
斉川幸弘は、飲食店コンサルティング事業やWebメディアプロモーション事業などを手掛ける株式会社BENTATSUを設立した実業家です。警視庁に内定を貰っていたが、それを辞退して大学卒業後ニートを経て弁当屋さんのアルバイトを始めたそうです。他のバイト時代でも、働いていると改善点を提案してしまうクセがあったといいます。改善策提案、そして実行できるためどこでも責任者のような立場になっていたそうです。
それから弁当販売ポータルサイトを立ち上げて起業したり、日本フードデリバリーの創業メンバーとして加入したりといった経歴を経て、現在の会社を25歳で起業しました。
今は100億円企業を目指して様々な事業を展開しているとのことです。

家入一真は1978年福岡で生まれ、福岡県立玄界高等学校を中退しました。美術大学の予備校に通うも、大学進学はならずデザイン会社に入社しました。そこでウェブデザインに興味を持ち、システム会社に転職。コンピューターシステムの技術を習得したといいます。そして22歳の時にpaperboy&co.を起業し、29歳の時にJASDAQ市場へ最年少で上場したそうです。
現在はpaperboy&co.を退任し、クラウドファンディングサイトを運営している株式会社CAMPFIREの代表取締役や、BASE株式会社の共同創業取締役、partycompany Inc.の代表取締役などを務めているそう。都知事選に出馬した経験もあるなど、幅広い活躍が見られます。

岩槻知秀は1980年生まれの青年実業家です。大阪出身で、早稲田大学在学中にIT企業で経験を積んだそう。携帯コンテンツ開発の株式会社インデックスにて、2年半のインターンを経験します。その後オープン系システム会社の設立から関わり、マネージャーとして活躍したといいます。大学に居ながらにして様々なことに取り組んでいたようですね。
大学卒業後はレバレジーズ株式会社を創設し、設立から5年で売上高20億円を突破したとのことです。雑誌「ベンチャー通信」のベストベンチャー100にも選出された実績を持ちます。

Share this Post